大型二輪の運転免許


普通車と同じように、バイクに乗るのにも免許が必要です。普通車の免許取得方法はよく聞きますし、教習所も近くにたくさんありますが、二輪の免許取得方法はあまり耳にしません。特に、大型二輪の運転免許はどのようにして取ればいいのでしょうか。

まず、二輪の免許は乗るバイクによって種類が異なります。バイクの排気量が多くなればなるほど、免許も大型用を取得しなければなりません。例えば、排気量が50cc以下のバイクならば原付き免許で十分ですが、400ccを超える大きなバイクに乗りたい場合は大型二輪免許を取らなければならないのです。400cc超えのバイクは、二人乗りも高速道路走行も可能で、パワーが強いのが特徴。車体が大きいため見た目はとてもかっこいいですが、操縦はそれなりに大変です。免許は18歳から取得することができますが、一つランクダウンした普通二輪免許を取得してからの方が扱いやすいと言われています。大型二輪免許の取り方として一般的なのは、教習所を利用することです。バイクには、普通四輪車と異なる交通ルールがあるため、技術獲得のためにも教習所でしっかり基礎を学ぶことをおすすめします。最短で免許を取得したい場合や、長期休暇がとれる場合は、合宿免許を利用すると良いでしょう。価格も通学より少々安く済むので、時間に余裕のある方は検討してみてください。

当サイトでは、大型二輪免許の取り方を詳しくご紹介します。運転免許取得までの道のりは、受験者のスケジュールによって異なります。自分に合った方法を確認し、憧れのバイクを乗りこなしましょう。

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿